一翔の報告

kazutoのブログ

ゲームを通して子供がプログラミングの論理を学ぶ過程を見守ってきた。

同教室は小学校での授業開 始に先立ちIT企業、サイバーエージェントの子会社が継続して開く。
小3の息子を通わせる米盛勧さんは水泳やピアノのように、楽しみながら学べると話す。
息子は得意げに作ったプログラム作品を見せ、最近はインターネットや洋書で新知識を調べている。
学校ではプログラム好きの上級生とも情報交換しているようで、教室を入り口にした付き合いの幅が広がっている。
教育事業を手掛けるLITALICOが開くプログラミング教室、LITALICOワンダー渋谷校に小2の息子を通わせる溝口憲子さんは任天堂のゲーム機でポケモン信長の野望を遊んでいたものの、プログラミングには関心はなかった。
でもゲームが自分で作れると知り、目の色が変わったと話す。
複雑なゲームのス トーリーが短い文章で命令・実行する論理の積み重ねだと学び、実生活にも変化がでた。
野球クラブで誰かがエラーしたことについて、プログラミングと同じように、なぜ起きたのか原因と結果があるはずとチームメートと一緒に考えて議論しているから驚いた。
プログラミング教育というと、即戦力のプログラマーを養成する教育と誤解する親はいまだに多い。
小学校の授業では小グループで簡単なプログラムを使い、立体図形や音楽を作る。
仲間と対話しながら体験することが主眼だ。
授業の狙いを浸透させていくことは課題だ。
実験校の東京都小金井市立前原小学校に小6の息子を通わせる石原洋子さんは最初はプログラミング教育がどんなものかもわからなかったと話す。
端末の基本的な 使い方を学び、ゲームを通して子供がプログラミングの論理を学ぶ過程を見守ってきた。
そしてもう一つ「南雲先生監修あじかんのごぼう茶」で〆ます。
南雲 茶
ごぼう茶を飲むと、どのような症状が改善されるのでしょうか?
まず、若返りの効果があります。
ゴボウは安く手に入る食材ですが、ゴボウの皮に含まれている「サポニン」という栄養素が、若返りを助けてくれます。